ハンドメイド家具 Raku ~工房 楽~・・・の毎日

ハンドメイド家具 ハンドメイド雑貨 工房 楽の日々の出来事




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

イルカの子 :: 2012/11/30(Fri)

 こんばんは^^

 たしか3年程前になると思うのですが、松山の絵本作家:姫野ちとせさんという方が

ラジオに出演されてて、彼女が書いた「イルカの子」という絵本について、そのエピソード

等についてお話されてました。

IMG_5238.jpg

 お話の内容は・・・

 最初、地元の小さな出版社から、この「イルカの子」って絵本は出版してたらしいのですが、

その出版社が潰れてしまって販売できなくなってしまったんだそうです。

それでも姫野さんは、なんとかその本を皆さんに読んでもらいたくって、ユーチューブ

で配信しはじめたんだそうです。  それが、姫野さんの知らない間に全国で有名になって、

 子供を持つ主婦達がブログ等で紹介、再版を望む声が全国で高まる中、

  姫野さんに一本の電話が・・・・

  「イルカの子を読んで、感動しました。 もう一度出版してみませんか?

   よろしければ、お手伝いします。」という内容の電話だったそうです。

 その電話の主が、主婦の友の編集者だったそうで、主婦の友から出版されることになった

 「イルカの子」は超人気絵本で、売り切れ続出だったそうです。

 
  主婦の友社から抜粋。

   ぼくの妹は、しゃべることも難しいこともできないけれど、
   一緒にいると心がすきとおってくるんだ――。あたたかな家族の中で育まれた、
   妹を思いやる兄の心。家族の愛に包まれ、無邪気に笑う妹。この絵本には、
   互いを大切に思いやる兄妹の絆が描かれています。屈託なく生きる妹を“障がい児”
   ではなく争いも憎しみも知らない“イルカの子”だと言って大切に育てる家族の姿
   ・・・・。 
 

  イルカの子って絵本は、姫野さんご自身の娘さんをモデルに描かれており、

 知的障害を持つ娘さんと心優しいおにいちゃん、廻りの人達や取り巻く環境。。。

  作者御自身の実体験をそのまま絵本にされたんだそうです。
        
 この本に勇気づけられた障害を持つお子様の御両親も

              全国にたくさん居られると思います

  
  
 FBで知ったのですが、姫野さん御夫婦は、お二人目のイルカの子(義理の姪御さん)
 
 を今現在子育て中だそうです。・・・・現在3歳だそうです。


    姫野さん御夫婦のお人柄と深い愛情に感激です。

     本当に、何と言えばいいのか・・・・

      すばらしい。 

  私には、エールを送る事ぐらいしかできませんが、頑張ってください。

    
スポンサーサイト

テーマ:日記だよ - ジャンル:趣味・実用

  1. 日々の事
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。