ハンドメイド家具 Raku ~工房 楽~・・・の毎日

ハンドメイド家具 ハンドメイド雑貨 工房 楽の日々の出来事




木のよもやま話 :: 2012/05/23(Wed)

こんばんは^^

 “おゆきのマーレライ/ルナの日常” って言うドイツ在住の方のブログを拝見してたら、

 ドイツでは、野ウサギが、普通の住宅街の散歩道(野原?)に居るみたいです!

 以前は、リスが散歩道の樹に居る記事もありましたが・・・。

さすがドイツ!! 森を大切にしてるから、自然が豊かなんだなぁ~って感心しました。



 日本と違って、ヨーロッパでは広葉樹が大切にされてきた文化圏で樹木崇拝してたゲルマン民族

は、オークの森に住み、オークの木で家を建て家具を作り、船を作り、実は家畜の飼料として

森と共に暮らしてきた民族です。・・・・キリスト教伝道までですが。

 森の神木(オーク)に主神オーディンが宿っているとされて、生け贄を捧げたりもしてたみたいです。

 その光景を見たキリスト教の牧師がそれを嘆き、神木を切り倒した所、廻りの木も押し倒されたにも

 関わらず、モミの木だけが生き残ったのを見て、冬にも葉が枯れず一年中緑の葉を生い茂らせてる

 モミの木を生命の源として神聖な木としてクリスマスツリーに使われるようになったんだとか?



 で、オークの木って、樫の木って事で、いろんな文献には載ってるんですが、本当は、どんぐりの

 木(楢)の事らしいです。

  日本では針葉樹が良い樹とされており、広葉樹は雑木扱いで、ブナにいたっては、木辺に無と書いて

 木では無い! とまでされていましたから、歴史研究家達がヨーロッパの文献を訳す時に・・・

まさかオークの木って、ドングリの木の事ではないだろう!って事になって、歴史本の中では、

オークは、樫の木と訳されたまんま・・・樫の木を神木と崇めたゲルマン文化?ケルト文化?って

事になってます。


 一応、樫の木もドングリができるんですが・・・正しくは“Live Ork”と言うそうです。

   ちなみに、ブナはピーチ!   美味しそうな名前です^^ 

  

  オイラは、日本で言う所の節の無い柾目のきれいな一級品の材よりも、少し木目の

 暴れた自然な風合の木材の方が好きです。

     
    ・・・きれいな柾目のハイグレードなイエローパイン

 DSCN8651.jpg

   ・・・よりも、こんな感じ^^

シンプルデスク(W&Br)22

 ステインやオイルを塗って、シャビーを掛けると、色の濃淡が何とも言えない風合いに仕上がる

ので、節も好き! 逆目もOK!    良い感じです♪^^

  注 使用に差し支えるような死に節やキズ、ヤニスジ等は、パテ等にて処理加工して
    おります。
 

++++  ハンドメイド家具 Raku ~工房 楽~ ++++
                    
               是非一度お立ち寄りください。

・・・・と言う訳で、ランキングに参加しています。
    ポチっとしていただけると励みになります
      ↓↓↓ ↓↓↓

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村 


 
 

 

テーマ:ハンドメイド - ジャンル:趣味・実用

  1. 工房の事
  2. | trackback:1
  3. | comment:0
<<ローテーブルの制作工程 | top | 懐かしいハンドメイド雑貨>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://raku4112.blog48.fc2.com/tb.php/784-c02c44c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【木のよもやま話】

こんばんは^^ “おゆきのマーレライ/ルナの日常” って言うドイツ在住の方のブログを拝見してたら、 ドイツでは、野ウサギが、普通の住宅街の散歩道(野原?)に居るみたいです! 以前は、リスが散歩道の樹に居る記事もありましたが・・・。さすがドイツ!! 森を?...
  1. 2012/05/23(Wed) 04:57:16 |
  2. まとめwoネタ速neo